早い者勝ち-ホテルの10連休

ホテルは年中無休が当たり前と思っていた多くの人にとって驚く話題が飛び込んできました。別府と箱根のホテルで10連休を取るホテルが出てきたという話題です。
いずれも同じ系列のホテルで、働き方改革の一環とのことでした。確かに理由はその通りだと思いますが、「働き方改革」が注目されている今、メディアに取り上げられるためのキーワードの一つであることは間違いありません。広報・PRの視点からから考えた場合、今話題になっている言葉を盛り込むというのがメディアに取り上げられるための常套(じょうとう)手段であることは、昔も今も変わっていません。 “早い者勝ち-ホテルの10連休” の続きを読む

年賀状は広報・PRの効果的なツールになる

あけましておめでとうございます。
元日の楽しみの一つに年賀状がありますが、毎年、数は減っているそうです。年の初めのごあいさつも、メールやSNSなど、年賀状に変わるツールがたくさんありますから、年賀状の枚数が減ってきているのも納得できます。
そもそもお正月そのものが、以前に比べて特別の日ではなくなってきているのかもしれません。ですから、メールやSNSも含め一切特別なことをしないという若者も多いようです。
そのような時代ではありますが、私は今でもかなりの数の年賀状を送ります。数が多いので、すべてパソコン任せで自筆はナシ。残念ながら絵は下手なので年賀状のアイデアが載っている本を買ってきてそこから私らしい一枚を選ぶのですが、文章はオリジナルです。「旧年中はお世話になりました。本年もよろしくお願いいたします」というようなありきたりなものではなく、近況を記したり、その年の目標を書いたり、できるだけ今の自分を知っていただけるように心がけています。 “年賀状は広報・PRの効果的なツールになる” の続きを読む