発想が「昭和」じゃない!?

先日、「天声人語」(『朝日新聞』2019年8月1日)で、「梅田」の駅名が変わることを知りました。皆さまご存じのことと思いますが、梅田駅はJR大阪駅に隣接する阪急電鉄、阪神電鉄の駅名で、それが今年の10月から「大阪梅田」駅になるとのこと。
同じところなのに駅名が違うのは紛らわしいとの指摘が以前からあり、外国人観光客の増加が駅名変更の決め手になったと、記事にはありました。同じ阪急電鉄の「河原町」も「京都河原町」に変更されるとのことです。「河原町」は大阪(十三)と京都を結ぶ阪急京都線始発駅で、京都の玄関となる駅ではありますが、JR京都駅と隣接しているわけではありません。
同じところなのに駅名が違うという例は、何もJRと私鉄に限ったことではありません。東京には地下鉄の乗換駅で駅名が違うというケースがいくつかあります。例えば、都営地下鉄三田線の「日比谷」の改札の目の前に東京メトロ有楽町線の「有楽町」の改札があったりします。 “発想が「昭和」じゃない!?” の続きを読む

いいアイデアですね「涼み処」

気温が低くて日照不足の長い梅雨が明けたと思った途端に暑い日々がやってきました。涼しさに慣れた体はこの暑さに対応できず、多くの人たちが熱中症にかかってしまっています。亡くなれた方もいらっしゃいます。
現在ではほとんどの家にエアコンがあると思いますが、特にご年配の方の中には「もったいない」「暑さを感じない」「冷房は嫌い」といった理由でエアコンを使わない方も結構いらっしゃるようです。
東京の目黒区では区内の「老人いこいの家」などに「涼み処」を設けているとのこと。その数は25か所あり、冷たい麦茶も用意されているそうです。自宅の電気を全部消して、日中の暑い時間をそこで過ごせば、熱中症の心配はなくなりますし、電気代の節約にもなります。 “いいアイデアですね「涼み処」” の続きを読む

小川が消えた!?

実際にある小川が消えたという話ではありません。小川は確かにそこにあるのですが、地図から消えてしまったという、フランスでの話です。
フランスでは、農薬が川に流れ込んで汚染されるのを防ぐために、小川の近くで農薬を使用してはいけない、という法律があるそうです。ご存じのように、フランスは農業大国です。農地を拡大して雇用を増やそうとしたのが、小川が地図から消えた理由とのことですが…。 “小川が消えた!?” の続きを読む

死者からの手紙

先日、郵便受けに入っていた手紙を見て「あれ?」と思いました。白い封筒に印刷されていた文字の色がグレーだったからです。急いで部屋に帰って封を開け、その手紙を読むと……。やはりそうでした。その方は、亡くなられていたのです。
この手紙がいつ書かれたものかはわかりませんが、自分の死期を悟って生前ご縁のあった方々にご自分の言葉でお別れをされたのだと思います。ご本人からのお手紙とともに、ご親族の方からのお手紙が添えられていました。 “死者からの手紙” の続きを読む

サムサノナツハ……

ずいぶん昔のことなのではっきり覚えていませんが、中学生のときか、高校生のときか、国語の時間に、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」という詩について勉強をしました。また、歴史の時間には、冷害による飢饉で多くの人たちが亡くなったことも学びました。
しかし、西日本しかしらない私にとって(島根県松江市で生まれ育ちました)、これらのことはどうも実感としてとらえることができませんでした。それが、大学生になり東京で暮らすようになってしばらくたったころ、冷夏を経験して、初めて実感としてどのようなことがわかったのです。 “サムサノナツハ……” の続きを読む

働き方改革って誰のため?

4月1日、働き方改革関連法の運用が開始されました。この日は、新しい元号「令和」の発表に浮かれていて、それほど大きなニュースにならなかったようですが、私は日本経済や人々の暮らしを左右する大きな出来事ではないかと思っています。
過労死やサービス残業など、働く人々を取り巻く環境には課題がたくさんあります。せっかく有給休暇の制度はあるのに、それを取りづらいような雰囲気が企業の中にあったことも事実です。このような問題は速やかに解決しなければなりません。
一方で、個々の企業にはどうしてもやらなければいけない仕事、作業があります。従業員一人当たりの勤務時間が減れば、それらの仕事を片付けるために、別の人を雇わなければいけません。例えば、これまで10人の従業員だった場合、11人に増やさなければいけなくなるということです。 “働き方改革って誰のため?” の続きを読む

新しい元号に思う

4月1日、新しい元号が決まり発表されました。その瞬間を注目していた人も多かったようです。私は、その時、外出中でテレビのない所にいなければなりませんでしたから、テレビの録画予約をして出かけました。幸い、スマートフォンで中継を見ることができ、リアルタイムでその瞬間に立ち会うことができました。こんなことができたのも、平成時代30年間にいかに技術が進歩し、それによって私たちの生活が変わったかの表れだと思います。
さて、新しい元号の発表に、人々が何を期待していたのか。元号が変わることによって、何か新しくいいことが始まるのではないかとか、これを契機に何か新しいことを始めようという思いを持っている人が多かったのだと思います。私自身もその一人です。 “新しい元号に思う” の続きを読む

信号機はどこ?

グアムに行きました。グアムの中心部、タモンにあるTギャラリアの角には信号があり、そこはスクランブル交差点となっていて、ショッピングを楽しむ観光客たちが多く行き来しています。
Tギャラリアは、建物が、一般的にホテルロードと呼ばれているサンビトレスロード沿いに細長く続いていて、入り口は先ほどの交差点から少し離れたところにあります。その入り口から道路を渡った反対側には大きなホテルやショッピングセンター、バス停などがありますが、信号機のある交差点まで戻って渡るのは少し面倒です。だからと言って、ここに信号機を設置するのは、交差点から近すぎて、これも問題があるように思います。しかし、何もしなければ観光客が渡って事故になりかねません。 “信号機はどこ?” の続きを読む

ちょっとした気遣い

今日、宅配便を受け取りました。テレビショッピングで購入した品物です。箱を開けようとして箱の上を見ると、そこに「『配達ドライバー様へ』お疲れさまです。〇〇〇〇の商品を大切にお届け頂き誠にありがとうございます。このあとも安全にお気を付けください」と書いてありました。
私もよくテレビショッピングやネットショッピングを利用していますが、多くの人たちがこれらを利用するようになったために、運送業者はいずれも深刻なドライバー不足に直面しています。 “ちょっとした気遣い” の続きを読む

電気自動車

排気ガス規制の問題などに関係して、電気自動車が注目されています。まだ価格が高いのが問題ですし、1回の充電で走ることのできる距離ももう少し長くなってくれればと思います。それより何より、マンションの住人にとっては、充電設備が電気自動車の購入に踏み切れない一番大きな問題です。
もう30年くらい前のことになりますが、私は50ccの中古のバイクをもらって乗っていました。皆さまご存じだと思いますが、東京は山手線の駅から放射線状に外に向かって電車の路線が延びていて、路線が違うとすぐ近くにもかかわらず、都心部まで行き山手線に乗り換えて、そこから別の路線に乗り換えるというように、随分遠回りをしなければいけません。その点、バイクは便利で、電車だと1時間もかかる所に15分か20分程度で行くことができます。
とても重宝していたのですが、1つだけ大きな問題がありました。それは、2週間に1回程度しか乗らなかったので、しょっちゅうバッテリーが上がってエンジンがかからなくなるということです。見かねた知り合いが充電器を作ってくれました。バイクからバッテリーを外し部屋で充電できるようにしてくれたのです。おかけで、危なそうなときは事前に充電することができるようになったので、バッテリー問題が解決し、本当に重宝な乗り物になりました。
さて、本題に戻りますが、電気自動車もバッテリーを取り外して充電ができるようにならないでしょうか。また、私は写真撮影に出かけるとき、フル充電した予備のバッテリーを持って出かけるのですが、自動車もフル充電した予備のバッテリーを積んでおくと便利だと思います。
いずれにしても、日本では、外出先で充電できる設備がまだまだ少ないのが実情です。少し前になりますが、テレビで、ヨーロッパで道端に電気自動車用の充電設備がたくさんある光景を見ました。300円払えば1時間路上駐車ができるというシステムを東京都内でもよく見かけます。それと同じような感じで駐車中に充電ができるのです。
世界は電気自動車へと流れが変わりつつあります。日本の自動車会社は素晴らしい技術がありますから、その流れの先端に立つことは難しいことではないかもしれません。しかし、充電設備のようなインフラは自動車産業だけでどうにかなるものではありません。国や地方自治体の戦略的な設備投資や関連する法律の改定が、電気自動車普及の重要なカギになると思います。その戦略に弱いのが、日本の欠点のようにも思います。

nf528主宰 二神 典子